辛い精神疾患の克服法

男性

治療の注意点やポイント

鬱病は、ストレスが原因となって生じてしまう精神疾患の一つです。倦怠感や絶望感、めまいや吐き気、自己嫌悪などを慢性的に感じるなどの症状が一般的に現れます。気づいたときにすぐに病院へ行きましょう。さて、病院にて鬱病の診断を正確にしてもらうために重要なのは、とにかく今現在生じている症状や気持ちのことなどを、細かく医師に伝えることです。鬱病のような精神疾患は、血液検査や脳波の検査で異常が見られないことがあり、患者の申告が唯一の情報となるからです。また、統合失調症や双極性障害、更年期障害などと間違ってしまうことも多いため、自分に起きている症状は医師にしっかりと伝えましょう。しかし、症状が現れていると、自分のことをうまく話せない、話すと涙が出てきてしまうというような患者も多くいます。そのため、おすすめは病院で診断を受ける際に、自ら紙に症状や気持ち、悩みなどを書いてまとめておくことです。パソコンを使えばすぐに作ることが出来ますし、細かく医師に話す必要もなくなり、また細かな情報を伝えることも出来るなど様々なメリットがあります。鬱病は甘えだ、という考えの人もいますが、実際に発症してしまうと、気力ややる気だけではどうにもならないような症状も現れてきます。そのため、正確に医師から鬱であると診断されたら、堂々と休みを取ることが治療への第一歩です。会社を休職したり、家庭や子育てから一時的に離れられる環境を周りに作ってもらったりなど、とにかくゆっくり自分が休めることを考えましょう。鬱病になってしまう人の特徴として、真面目で責任感が強いということが挙げられます。責任を果たさなくてはならない、逃げだせない、やらなくちゃ、と追い込むことで、徐々に精神を圧迫してしまうのです。治療は投薬やカウンセリングが中心となりますが、医師からもしっかり休むようにという診断は必ず出されます。周りの理解を経て、しっかり休養を取り、早期回復を図りましょう。鬱病は、誰でもなってしまう可能性がある身近な病気です。自分が発症したとき、また身近な人が発症したときには、支え合いサポートをしていく姿勢が大切なのです。

Copyright© 2018 鬱に気づくために診断を受けよう【発症リスクの軽減】 All Rights Reserved.