専門医の元で適切な治療を

医者

長期間続く症状に注意

鬱病は自分自身では気付きにくい病気ですが、原因がわからない体調不良が続いたり、過度のストレスを感じたりした場合は、心療内科などを受診することをおすすめします。鬱病の診断では、国際的に定められたガイドラインに則って問診を受けることが多く、当てはまる項目が多いほど重症度が高いとされています。問診項目は多岐に渡りますが、その中でも頻繁に問われるのが、「その症状が長期間続いているかどうか」という点です。例えば、「夜、寝つけない」や「気分が落ち込んでやる気が出ない」といった症状が短期間である場合は、鬱病の可能性が低い、または軽度であると診断されます。「試験や行事の前日にストレスによって体調を崩す」「生理の前にイライラする」などの症状は、一過性のもの、または鬱病とは別の症状と判断されます。よって、心療内科や精神科で鬱病の診察を受けるタイミングとしては、体調不良や精神的に不安定な症状が、長く続いているかという点が基準になってきます。一週間以上、原因不明の症状が現れて治まらない場合や、過度のストレスがかかっていると感じた時は、重症になる前に、専門医の診察を受けることが大切です。近年の医学の進歩は目覚しく、鬱病においても、原因の解明や治療方法の研究、開発が進んでいるのが現状です。特に、鬱の症状に効果があるとされる抗うつ薬の開発が進んでおり、病気の種類に合わせて薬を使い分けることが主流となってきました。心療内科や精神科で鬱の診断を受けると、カウンセリングによる精神的治療の他に、抗うつ薬などの化学的な薬物治療を受けられることが大きなメリットと言えます。鬱病は、けして心が弱いことや怠けているせいでかかる病気ではなく、脳内のホルモンバランスの分泌異常が原因で発症すると言われています。よって、薬によって症状を軽減し、日常生活を気分良く平穏な気持ちで過ごすことは、患者にとって最も大切なことです。また、抗うつ薬には副作用があったり、症状によって服用量を変える必要があったりと、専門医の判断が大変重要となってきます。心療内科や精神科で診断を受けると、症状の変化に合わせて薬の量のコントールをしてもらえるため、安心して治療を続けることが可能です。鬱病の治療では、自分自身で判断せずに、専門医のアドバイスを受け、適切な治療を続けていくことが重要と言えます。

Copyright© 2018 鬱に気づくために診断を受けよう【発症リスクの軽減】 All Rights Reserved.